#140字小説 No.3『空飛ぶ絨毯』

#140字小説

140字小説
空飛ぶ絨毯を目撃した
ペルシャ風の柄は無く
真っ白なザラっとした布だった
はしっこの方がけっこうほつれている
そいつはこれ見よがしに
ぶんぶん宙を舞っているが
乗り手がいないので
ちょっと寂しそうだ

Twitterの文字数制限内のものです。
文字を削り過ぎて訳が分からなくなっているものもたまにあります。
参考 畑中しんぞうTwitterページ@shinzoonet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です