風船に乗って

空に気球 赤

風船に乗って

 

その国の人々は大きな風船に乗り
全員で旅立った
その国には鉄道もあり
ビルや道路もあったのに
家や車を捨て
公園も捨てて
その国の人々は旅立った
高い空の上からは
自分たちの国が見えた
町並みの間には川が流れ
風に揺れる街路樹も見えた

 

さようならさようなら
ぼくらの町
ぼくらはもう二度と
戻らない
さようならさようなら
ぼくらの町
この町で過ごしたぼくらの歴史は
だれの記憶にも残らない

 

明日は遠い北の空を
ぼくらは漂っているだろう
誰も知らない空の上で
ぼくらは歌っているだろう
そんなぼくらの歌声なんて
誰の耳にも届かない
楽しんだことも恨んだことも
笑ったことも怒ったことも
誰も憶えていないだろう

 

さようならさようならぼくらの町
ぼくらはもう二度と戻らない

空に気球 青

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です