津波

大波のイラスト

津波

 

津波が空中で停止した海岸を
歩いたことがる
ビルのようにそそり立つ
波の下をそぞろ歩くと
頭上で
白い波頭が日に照り映えていた

 

そのころ私はあばら屋に住み
ガレージで犬を飼っていた
たぶんそれは犬だった
小さいときに拾ってきて
かなり大きくなるまで飼っていたが
一度もまともに顔を見たことがなかった
全身毛むくじゃらで
頭と尻の区別が無く
前にも後ろにも歩いた
餌をとる時も
どちらからでも食べた気がする

 

あのころ
氷は温かかった
町中に林立する氷柱に手を触れると
ざらりとした質感と
妙に懐かしい生暖かさがあった
そして
一つ一つの氷柱の中には
風を切って歩く姿の
人間が閉じ込められていた

氷柱のイラスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です